八代の日本古来のはすの葉茶(リーフ 20g  小袋)
5f3f5c34d7e1d80500d904e8 5f3f5c34d7e1d80500d904e8 5f3f5c34d7e1d80500d904e8 5f3f5c34d7e1d80500d904e8 5f3f5c34d7e1d80500d904e8 5f3f5c34d7e1d80500d904e8 5f3f5c34d7e1d80500d904e8 5f3f5c34d7e1d80500d904e8 5f3f5c34d7e1d80500d904e8

八代の日本古来のはすの葉茶(リーフ 20g  小袋)

880 JPY

About shipping cost

楊貴妃が愛した、美容茶。 ポリフェノールがたっぷりで、中側から美しさを放ってくれます。 脂っこいものやたくさん食べたりして重たい時などにもオススメです。 【おすすめのシーン】 ・ほっと一息、やすらぎたい時に。 ・消化力を整えたい時に。 【ハスとは?】 沼地や池などに生えるハス科の植物。 在来種のハスは、生命力あふれる滋味深さと金木犀のような甘い香りが漂います。 ハス茶は、よくベトナムではお食事中に出くるポピュラーなお茶です。 40年以上前から農薬不使用、有機肥料栽培。 フラボノイドがたっぷりです! 【産地・製茶の背景について】 熊本県八代地方は、農薬不使用栽培に取り組まれている農家さんの多いエリアです。 ここで貴重な在来種のハスの葉に出会いました。 現在、栽培されているハスは9割ほどが外来種になっています。 栽培する手間暇がかかり、小ぶりな仕上がりですが、栄養成分も濃くて風味も力強いので、初めて飲んだ時は美味しくてびっくりしたのを今でも覚えています。 阿蘇にお住まいの薬草仙人が丁寧に焙煎。 2煎目もおいしくいただけるように、火の入れ方を工夫しているそうです。 【おいしい淹れ方】※発送時に、淹れ方リーフレットを同梱致します。 ホットでもアイスでも美味しくいただけます。 ①お湯出し 一人分=ティカップ1杯の熱湯+茶葉ティスプーン1杯半 約100度の熱湯を注いで3分半蒸らしてください。(フタをするとより美味しくなります) ②水出し  1リットルの水+茶葉6〜8g ピッチャーなどに水と茶葉を入れて、6〜8時間ほど抽出する。夏場は冷蔵庫で抽出してください。 柔らかくて清らかな味わいに仕上ります。 ③煎じる お時間のある時にぜひ一度お試しいただきたいのが、15~20分ほど弱火で煮出す方法。 風味や栄養を濃厚に抽出できます。 【最後まで味わいきる】 出がらしは冷凍してストックしておき、まとめて煮出して抽出液をお風呂に入れると湯上りもしっとり潤います。(お茶によっては浴槽に着色が起こる場合もあります。ご注意ください。) お風呂に入れると湯上りもしっかり潤います。 【内容】 ・野草茶、日本のハーブティ ・熊本県産在来種のハス ・リーフ20g入り(約20杯分) ・ノンカフェイン